赤ちゃんの便秘の症状

赤ちゃんが便秘であるとお母さんが判断すること、それは簡単な事ではありません。生まれたばかりの赤ちゃんはよくうんちをします。うんちの色も状態もその時々で違っていたりもします。新米お母さんにとっては赤ちゃんはとてもデリケートで壊れそうに見えているものですから、ちょっとの違いにも神経質になりがちです。ましてや、毎日、何回も出ていたうんちが一日に一度も出なかったとしたら、とても心配になってしまうものです。

 

便秘とは何日も排便がない、あるいは便の回数が減って固くなり、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、食欲がなくなったりする状態をいいます。うんちが腸の中に詰まっていることで気持ちが悪くなったり、お腹が痛かったりするのです。毎日うんちが出ている赤ちゃんにとっては1日でも苦しくなってしまうこともありますし、別の赤ちゃんには3日くらい出てなくても平気な場合もあり、一概に日にちで計れるものではありません。

 

赤ちゃんは自分の体の変調に対して正直です。お腹が痛くなったり、気持ちが悪くなったりしたときには機嫌が悪くなるでしょう。うんちが出ていなくても、機嫌が良くてミルクをいっぱい飲んでいるときは、赤ちゃんは便秘ではありません。便秘になると赤ちゃんは苦しそうにいきんだり、いきみながら泣いたりします。出てくるうんちが固くなっていたら、便秘を疑ってください。

 

そして、固いうんちに血がついているようなことがあれば、すぐにお医者さんへ連れて行ってください。肛門が切れてしまっていると、痛くて赤ちゃんは余計にうんちを出そうとしないようになってしまいます。便秘は赤ちゃんには決して珍しい症状ではありません。そして、毎日赤ちゃんと一緒にいるお母さんには必ず気づくものなので、うんちの回数に一喜一憂せず、ゆったりと構えて赤ちゃんの様子を見守ってあげてください。