赤ちゃんの便秘対策

一般的に便秘とは何かのウィルスや菌によって引き起こされるものではなく、個人の体質に大きく影響されるものです。よって対処法や予防法もさまざまなものがあり、それぞれが自分にあった方法を見つけていくしかありません。それでは赤ちゃんの便秘対策として、よく用いられるものをあげてみましょう。

 

まず、便秘の予防やお母さんとのスキンシップをかねて、毎日の生活の中で取り入れたいものにマッサージがあります。代表的なものはおなかの上を「の」の字に手のひらでさすってあげるものです。また、気分転換をかねて外出したり、はいはいやあんよができるようになった赤ちゃんは適度な運動をすることで、腸の動きを活発にすることができます。

 

赤ちゃんの体の機能は、大人のように確立したものではありません。うまく動かないときに、お母さんがちょっと手を貸してあげると、スムースに動き出すことが良くあります。そういった意味で、お母さんの指や綿棒で肛門付近を刺激してみることも、排便を促すことにつながります。

 

離乳食が始まった赤ちゃんは食べ物での便秘対策が有効です。うんちを柔らかくして腸の中を流れやすくするにはオレンジ、プルーン、トマト、にんじんなど。腸の働きを活発にする整腸作用のある食べ物では、ヨーグルトやりんご、納豆、オリゴ糖など。便の量が少ないと出てきにくいので量を増やしたいときには、イモ類、コーンフレーク、豆、海苔、きのこなどが良いでしょう。

 

2〜3才になってトイレトレーニングを始めたら、ぜひともうんちの時間を一定にしてください。 お母さんがオムツから離れる時ももうすぐです。上手なリードで便秘の心配からも解放されたいものです。