綿棒の刺激による便秘解消法

赤ちゃんの便秘対策には綿棒浣腸がよく用いられます。赤ちゃんの腸はちょっとした刺激でうんちが出せることが良くあります。まず、綿棒にベビーオイルを少量つけて、肛門付近をつついてみてください。それだけで便が出てくることもあります。

 

うんちが出てこなかったら、ゆっくりと綿棒を肛門に1〜2センチ差し込んでみてください。赤ちゃんが動いてしまうと危険なので、足はしっかりと支えてください。そして静かに綿棒を入れたり出したり、または少しだけまわしてみましょう。急にうんちが出てくるので、必ずオムツや新聞紙の上で行ってください。

 

比較的よく用いられる方法ではありますが、マッサージや指による刺激、または離乳食を食べている赤ちゃんなら食事による便秘対策を行ってから、それでも排便がなかった時に行ってください。初めて綿棒浣腸をするお母さんは、なかなか怖くて綿棒を差し込めないかも知れません。

 

また、それだけではうんちが出てこないかも知れません。そのときは無理をせずに、お医者さんにいってください。また、赤ちゃん検診の時に保健婦さんからコツを教えてもらっておくと、自分で行うときに不安がなくなります。

 

便秘のときはうんちが固くて、肛門に傷をつけてしまっていることもあります。綿棒浣腸をするときは、お母さんの手を良く洗ってばい菌が傷口に触れることのないように気をつけましょう。また、肛門浣腸をしなければうんちが出なくなってしまうような癖がついてしまうことも、あまりありません。刺激を受けているうちに、次第に機能が発達してきます。ただ、赤ちゃんが嫌がって余計にストレスになってしまうような時は、他の方法を試してみるようにしましょう。