水分補給による便秘解消法

生後間もないころの赤ちゃんは母乳やミルクで育っています。液体だけの食生活なのにうんちは出るし便秘もします。そのころの赤ちゃんのうんちは、母乳やミルクの中の脂肪分や分解されなかったカス、体から出る分泌物のカスもまたうんちとなって排出されています。

 

便が腸に留まる時間が長いと、水分がどんどん吸収されて固くなってきます。固くなった便は流れていきにくいのでますます腸の中に留まり後から流れてきた柔らかい便をせき止めます。水分が便秘を解消するために必要なことは明白です。どのように摂取すれば効率よく便秘の解消につながるのでしょうか?

 

母乳やミルクが不足していて便が出ない、ということがありますから、赤ちゃんの体重を量ったり、飲んだミルクの量を記録したりして十分に足りているかは確認してください。白湯や麦茶なども水分摂取としてはいいのですが、便秘対策としては砂糖水やみかんジュース、プルーンジュースなどがお勧めです。

 

糖分には整腸作用があるため、腸がうんちを送り出そうとする蠕動運動を活発化させます。ジュースなどは、離乳食を始める前、かなり早い時期から与えることができるので、うんちがでないな、と感じたら飲ませてあげてください。

 

離乳食が始まると、ご飯でおなかがいっぱいになり母乳やミルクの量が減ります。食事の環境が変わるだけでなく、相対的に水分も減ってしまうので便秘が起こりやすくなります。赤ちゃんは体が小さいため、水分の不足は脱水症状につながることもあります。水分が不足していないか、お母さんは特に気をつけてあげてください。