離乳食による便秘解消法

それまであまり便秘にならなかった赤ちゃんが離乳食が始まった途端に、ひどい便秘になってしまうことは珍しくありません。原因は、母乳やミルクの量が減ることで水分不足を招いたり、固形のうんちを腸が上手に出せなかったり、急な食生活の変化がストレスになったり、さまざまなことが考えられます。

 

離乳食が始まれば、食べ物で赤ちゃんの便秘を解消することができるようになります。それまで、外的な刺激にしか頼れなかったのですが、食べ物には排便に効果のあるものがたくさんあります。

 

一つには、便を柔らかくして腸の中を流れやすくするもので、オレンジやプルーン、トマト、にんじんなどがあります。固いうんちは腸での流れを悪くするばかりではなく、肛門から出て行くときに入り口を切ってしまうこともあります。そうなるとますます赤ちゃんは痛がって便を出したくなくなってしまうことがあります。

 

二つ目には、整腸作用がある食べ物です。りんごやヨーグルト、納豆、オリゴ糖などがあります。糖分やビフィズス菌は腸の中の善玉菌の働きを助け、腸の動きを活発にします。

 

三つ目には、うんちすなわち食べ物のカスの量を増すものです。イモ類、コーンフレーク、豆、海苔、きのこ類などが挙げられます。うんちそのものの量が少ないとなかなか排出されないので、消化されない繊維を多く含むものを食べると量が増えて排出されやすくなります。

 

お母さんにとって、離乳食によって便秘が解消されればそれに越したことはありません。しかし、なかなか離乳食を食べてくれない赤ちゃんだって、決して珍しくはないのです。あせりは禁物です。便秘解消法はたくさんあります。赤ちゃんは生まれたばかり、ゆっくりいきましょう。