腸の調子を整えるレシピ

腸の調子を整える食べ物には、オリゴ糖、りんご、ヨーグルト、納豆などがあります。まずりんごはお母さんにとっても赤ちゃんにとっても、利用しやすい食材でしょう。離乳食が始まっていないころからすりおろして絞ればジュースとして飲めます。離乳食が進んでいくにしたがって、すりおろしそのものや、加熱して柔らかくしたもの、細くスライスして赤ちゃんが噛み心地を楽しむもの、甘くてすっぱいりんごはどんな風にしてもおいしいのです。

 

手作りのジャムも電子レンジで簡単に作れますから、パンに乗せてあげたりヨーグルトに混ぜてあげたりすることもできて、バラエティーは無限です。医者を遠ざける、といわれるほどの栄養価の高いりんごですから、便秘をしている、していないにかかわらず、常に手元に置いておきたい食材です。

 

ヨーグルトも早くから赤ちゃんに与えることができます。果物にあえたり、そのままでも赤ちゃんはとても喜ぶでしょう。ただ、糖分はあまり加えないでください。赤ちゃんは味覚が敏感なので何にしても薄味を心がけてください。とはいえ、やはり整腸効果のあるオリゴ糖やりんごジャムとの組み合わせは、赤ちゃんが便秘の時には力強い味方です。

 

納豆も本来とても柔らかいものなので、離乳食に利用しやすいものです。細かく刻んで同じくゆでて刻んだ野菜と一緒にあえたり、おかゆに混ぜたりすれば、あのぬるぬるとした粘り気で食が進みます。非常に消化がいい食べ物なので、赤ちゃんが噛んでいないようでもあまり心配ないでしょう。

 

これらの食物は、腸の中の悪玉菌を攻撃して善玉菌を増やし環境を整えます。どれも赤ちゃんのみならず大人にも良い食べ物ですから、家族みんなの食生活に取り入れましょう。