便の量を増やすレシピ

便の量を増やす食べ物としてはイモ類、バナナ、コーンフレーク、豆類、海藻類、きのこ等があります。使いやすいものとしてはなんといってもイモ類でしょう。サツマイモにしてもジャガイモにしても、嫌いで食べないという赤ちゃんにはなかなかお目にかかりません。

 

ゴックン期(5〜6ヶ月)から裏ごししてミルクやだしでのばせば食べられます。モグモグ期(7〜8ヶ月)カミカミ期(9〜11ヶ月)になれば蒸かしても煮ても、そして味も和風も洋風もおいしいので、離乳食にはもってこいの食材です。ゆでてつぶした芋に片栗粉を混ぜて丸めたものを、ゆでても焼いても、まるでお餅のようにおいしくいただけます。

 

そして果物ではバナナ。こんなに甘くておいしいものがあるんだ、と、きっと赤ちゃんは初めてバナナを食べたときに思うのではないでしょうか。そのままはもちろん、ヨーグルトに混ぜれば便秘解消には大変効果があります。サンドイッチ用の食パンに挟んで小さく切ってあげれば、食べやすくてバランスの良い主食になります。

 

コーンフレークはそのままでは赤ちゃんには無理ですから、ミルクでふやかしてあげればいいでしょう。小さなおにぎりにきな粉をまぶしたものも、赤ちゃんが自分の手でつかんで食べられるころには重宝します。

 

海藻類、きのこ類も食物繊維が多くてよい食材ではあるのですが、赤ちゃんにはなかなか手ごわい相手です。舌触りがはっきりしているせいかもしれません。細かく刻んでとろみをつけたり、ご飯に混ぜたりするのが良いでしょう。けれども、そっくりそのままうんちのなかに混ざって出てくることもあります。消化するのも難しいのかも知れませんが、離乳食はその後の食生活に影響します。偏らないように何でもトライしてください。