粉ミルクより母乳のほうが便秘になりやすい?

母乳に便秘になりやすい成分が含まれていたり、母乳そのものが便秘の原因になることはありません。もともと母乳には天然のビフィズス菌や乳酸菌が含まれているため、便秘にはなりにくいと考えられます。母乳で育つ赤ちゃんが便秘になるとしたら考えられる理由は何でしょうか?。

 

一つは母乳は大変消化されやすくカスが少ないためうんちそのものができにくいことです。うんちの量が少ないと腸の中に留まり、次第に水分を吸収されて固くなる傾向があります。

 

次に、ミルクで育つ赤ちゃんは、常に赤ちゃんが飲んでいるミルクの量をお母さんが知っていますが、母乳は知らず知らずのうちに量が減ってきていることがあり、赤ちゃんがお腹いっぱいに飲めなかったり、飲めなかった結果、水分が少なくなってしまっていたりします。

 

便秘かな、と思ったら、授乳前後の体重を計ったり、まめに体重のチェックをして母乳の量が足りているかを確認するようにしてください。もし、足りていないようだったらミルクを足したり、授乳回数を増やしてください。また、水分補給も意識して行うようにしましょう。

 

お母さんの食生活も母乳に影響を与えます。アレルギーのある赤ちゃんのお母さんは、授乳期間中、アレルゲンの食物をとりません。たんぱく質や糖分、油分の多い偏った食生活を送ると、母乳もどろどろになりがちです。できるだけ野菜を多くとって、お母さん自身も水分を多く摂取して、さらさらの母乳を赤ちゃんに飲ませてあげたいものです。