うんちの色は便秘と関係ある?

うんちの色は便秘とは関係ありません。赤ちゃんのうんちの色はなかなか個性的です。黄色、緑色、茶色と、それらの中間色を考えるとまさに十人十色といえます。離乳食の始まっていない赤ちゃんの場合、黄色から緑色の便がよく見られ、果汁やスープなどの摂取が始まると茶色に近くなります。あまりにも鮮やかな緑色に、初めて赤ちゃんを産んだお母さんは戸惑うこともしばしばです。

 

このころ、便の中に白い粒がたくさん混じっていることがよくあります。これは母乳やミルクの中の消化されなかった脂肪などの固まりですから心配ありません。時間が過ぎるにつれ、水っぽかった便も固くなってきます。

 

離乳食が始まると、赤ちゃんのうんちも次第に色もにおいも大人と同じような状態になっていきます。食べたものがそのままうんちの中に混じって出てくることがあります。トマトやにんじんに血便ではないかとぎょっとさせられたり、海苔やナスを食べたあとにうんちが黒くてうろたえることもありますが、冷静になって考えたり良く見たりすれば原因がわかります。

 

もちろん何の心配もありません。何より赤ちゃんの機嫌がよければ、それが一番のバロメーターでしょう。食事の量が増えてくるにつれ、水分の不足が起こりやすいので気をつけましょう。その場合でも固くはなりますが、便の色には変化ありません。

 

一つだけ、便秘に関係があるうんちの色があります。固いうんちに血がついている場合です。うんちを出すときに肛門を切ってしまったのかもしれません。赤ちゃんは痛さでますますうんちを出したくなくなってしまうので、お医者さんにいって処置をしてもらいましょう。