うんちの固さは便秘と関係ある?

うんちの固さは便秘に大いに関係があります。赤ちゃんの体では、食べ物を摂取して消化し、水分、栄養分を吸収してカスをうんちとして外へ排出するという、一連のつながりがスムースに運ばないことがよくあります。腸の中のうんちを押し出す力も弱いので、うんちは柔らかくないとうまく流れていきません。

 

ところが、うんちは腸の中に留まる時間が長いほどに、どんどん水分を吸収されて固くなってしまいます。固くなった便が腸の中にあると、後から流れてきた柔らかい便もそこでせき止められて、また水分を取られてしまう悪循環が生じます。うんちが固くなることこそが、便秘の主たる原因なのです。

 

固くなってしまうと肛門が切れてしまいます。するといきんだだけでも痛みが走りますし、排便の際にしみて赤ちゃんは痛がります。赤ちゃんがうんちを出すことを嫌がるようになると、気持ちの上での緊張が余計に便秘を悪化させてしまいます。うんちが小さくなって固くなってきたら、早めに便秘解消の措置を取りましょう。

 

水分を多く取ること、薄い砂糖水、オレンジやプルーンジュースを飲ませてあげるとうんちが柔らかくなります。離乳食が始まっていたら、整腸作用がある食べ物や食物繊維を多く含むものも、どんどん取り入れていきましょう。できるだけ薄着にして赤ちゃんの運動を妨げないことも、腸への刺激につながります。

 

浣腸で即効的に便秘を解消することもできますが、赤ちゃんには刺激が強く短時間ではありますが、強い痛みも伴います。できるだけ穏やかに排便を促してあげたいものです。おかさんは、うんちの固さにはいつも注意してください。