砂糖水の作り方と与え方は?

砂糖水の作り方は、白湯を100ccに砂糖を小さじ1杯ぐらい(5グラム)を溶かします。グラニュー糖のスティックシュガー、5グラムのものを置いておくと便利です。大人がなめたら、ほんのりと甘く感じる程度で、一度に大量に与えず、様子を見ながらあげてください。ほ乳瓶であげる場合、一度赤ちゃんが口をつけたら残っていても必ず処分してください。

 

唾液が混ざると痛みやすくなるので、作り置きは清潔な容器で冷蔵庫に入れましょう。もちろん、冷蔵庫に入れても何日も置くのはいけません。人肌の温度になるように、電子レンジで暖めてから赤ちゃんに与えてください。与え方は、ほ乳瓶で与えても、スプーンで与えてもどちらでもかまいません。

 

ただ、与えすぎはいけません。逆に下痢になってしまうこともあります。母乳やミルクしか飲んでいない赤ちゃんが、いくら便秘ぎみだからとはいえ毎日のように砂糖水を飲んでいたら、甘いものにすっかり順応してしまって、母乳やミルクを飲まなくなってしまいます。食事前に飲ませてしまうと、甘いものはお腹にもたれますから、 食欲がなくなってしまいます。

 

赤ちゃんはまだ味の体験が浅いので、ちょっとの味でもはっきりと感じることができます。このころから濃い味を覚えてしまったり、過度に甘いものを摂取したりすると、成長して好き嫌いが多い子にになりやすいばかりではなく、大人になったときに病気になりやすい体質になりかねません。あくまで便秘の時の奥の手として、ほかの処方で便が出なかったときだけ、赤ちゃんに砂糖水をあげてください。