おならだけでは問題?

もちろん、おならだけでは大問題です。おならとはそのほとんどが、食べたときに食べ物と一緒に飲み込んでしまった空気です。離乳食前の赤ちゃんに当てはめると、授乳の時に飲み込んでいるわけですから、ゲップが不十分でもおならが出るのです。

 

おならは我慢すると体に悪いものです。そして、誰でも空気を飲み込んでいるわけですから、おならが出ることそのものは何の問題でもありません。ただ、悪臭のあるおならが出ているとき、それは便秘のサインといえます。

 

赤ちゃんがだんだん大きくなると、飲み込んだ食べ物の消化が進み体内に食べ物の留まる時間も長くなってきます。腸の中にうんちが留まる時間が長いと水分の吸収が進むとともに、悪玉菌の働きで腐敗が進み有毒なガスが発生して、それがおならとともに排出されて悪臭がするのです。

 

大人でもおならをすると、臭いが強いときと弱いときがあるでしょう。赤ちゃんも同じで、臭いの強いおならが出たときは悪玉菌が増えて腸内環境が崩れていることが考えられます。便秘になりつつある、または便秘が始まった状態ですから早めにケアしましょう。うんちを出してあげるとともに、整腸作用のある食べ物(りんごやヨーグルト、オリゴ糖など)を食事に取り入れましょう。

 

便秘になってしまったときとは別に、赤ちゃんはうまくゲップができなくてお腹が張ってしまうことがあります。そういったときは、「の」の字マッサージや軽く肛門を刺激して、ガスを抜いてあげてください。お腹が柔らかくなって、赤ちゃんが気持ちよさそうになるでしょう。