赤ちゃんの便秘 新着情報

赤ちゃんが便秘しているのってかわいそうですよね。赤ちゃんの便秘を対策するためにはどうしたらよいのでしょうか。まずはお腹を「の」の字にマッサージしてあげましょう。このときはあまり力を入れすぎないようにして、赤ちゃんのおへその周りを「の」の字にやさしくマッサージしてあげましょう。これは毎日のようにやってあげるとよいでしょう。赤ちゃんの便秘対策につながりますし、ママと赤ちゃんのスキンシップにもなりますよ。

 

つぎに「砂糖水」を飲ませてあげるのもためしてみましょう。砂糖水の作り方は湯冷ましに、少量の砂糖を溶かしてあげます。ママが舐めてみて「ほんのりと甘い」ぐらいでちょうどよいと思います。いきなり砂糖水をたくさん飲ませるのではなくて、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えていきます。離乳食がはじまっているお子さんなら、果汁でもいいと思います。

 

砂糖水にしても、果汁にしてもあまり与えすぎるのはよくありません。逆に下痢になってしまうこともありますので、少しだけ与えてあげたら「の」の字マッサージをしてあげて様子をみるようにしましょう。あとは「綿棒浣腸」をするといった方法もあります。綿棒浣腸のやり方は、綿棒をベビーオイルにひたしてあげて綿棒の先2センチぐらいが隠れるぐらいまでおしりの穴にゆっくりと入れてあげます。

赤ちゃんが何日もウンチがでなくてぐずっていたりするとお母さんは大変ですしとても心配になりますよね。どうしても便秘がちになりやすい赤ちゃんは多いようです。実際にうちの息子も便秘でした。3日に一度くらいの割合でうんちをしていました。いろいろと工夫してみて赤ちゃんが楽に過ごせるようにしてあげたいですよね。ウンチのでかたは、赤ちゃんそれぞれのようです。

 

生後1か月をすぎていくとウンチの回数がだんだんと減ってきます。ウンチが2〜3日でないこともあるのですが、もしも赤ちゃんがつらそうにしていなければ、心配はないようです。1日に何回もウンチがでる子もいれば、何日かに1回ウンチをすればよい子もいて、赤ちゃんそれぞれみんな違うのです。母乳やミルクの飲みもよくて元気にしており赤ちゃんの体重が順調に増えているようなら、病気ではありません。

 

「いつもと違うかな?」なかなかウンチがでないときもありますよね。もしも、赤ちゃんがつらそうに力んでいるけれどなかなかウンチを出せないようなとき、またウンチが固すぎて肛門が切れるときなどは、便秘として対処してあげたほうがよいでしょう。便秘のときはお腹をゆっくりとマッサージしてあげましょう。ほかにも麺棒にオリーブ油をつけて校門を刺激してあげましょう。

生後半年ぐらいまでの赤ちゃんの場合、ウンチをするということのがうまくいかないことがあります。そのため便秘になることがあります。お腹に力がはいってしまい腸の運動が盛んになって、さらに肛門やその近くがゆるむことが、いっしょにできなければスムーズにはウンチすることは出ません。赤ちゃんのお腹のマッサージをするときはゆっくりさすってあげましょう。

 

肛門の刺激をするときは綿棒にオリーブ油をつけて、お尻をちょっと刺激してあげましょう。離乳食が始まるぐらいの月齢になれば、この「複雑な動き」がきちんとできるようになってきます。また人見知りをしはじめるのもこの位の時期です。また、離乳食の中には「カス」になるものが多くなるため、ウンチの量も多くなりますので、次第に出やすくなっていきます。

 

ウンチが固いときには、ウンチが柔らかくなるようにと飲むものや食べるものの工夫をしたほうがよいでしょう。ウンチがスムーズに出るような食事には次のものがあります。たとえば繊維の多いものです。ウンチのカスになるものはサツマイモや豆類などです。腸内発酵をおこすものはサツマイモや、乳製品などです。

離乳食が進むと、ミルクの量が少なくなりすぎてしまうことがあるかもしれません。よく、便秘には「水分をたっぷりあげるといい」というような話を聞いたことがあるとおもいます。しかし、そうではありません。水は腸で吸収されるためオシッコが多くなるだけなのです。そのため便が軟らかくなるわけではありません。赤ちゃんの便秘対策には体をたっぷり動かすことも大切です。

 

たとえばラックに座りっぱなしであったり、おんぶやだっこばかりであると困ってしまいます。赤ちゃんが自由に身動きできるようにしてあげて身軽な服装で、床にころんころんとさせて遊ばせてあげても楽しいとおもいますよ。またお外へ出かけて外気浴をさせてあげたり、お散歩もしてあげると赤ちゃんも喜ぶとおもいますよ。お散歩など外にでることは赤ちゃんやお母さんの気分転換にもなりますよね。

 

赤ちゃんの便秘の場合、固い便が栓をしていることもあります。お腹のマッサージや肛門への刺激もおこなってあげるとよいかもしれません。もしも、赤ちゃんがいきんでいるけれど便が出ないというようなときには浣腸をしてあげましょう。このときに使うものは市販のイチジク浣腸でも大丈夫なようです。うんちをすることは本来はとても気持ちがいものです。便秘をしていると不快が続いてしまうのでなるべく便秘が続かないように工夫してあげましょう。

赤ちゃんの便秘対策には、砂糖水が良いって聞いたことがありせんか?わたしは義母に息子の便秘について相談したら砂糖水をのませてみたら?と教えてもらいました。息子は赤ちゃんの頃は3日に一度、排便するサイクルでした。あと場所が違うと緊張するのか旅行先などでも便秘をしていてなかなか排便しなくて大丈夫なのかな?と心配した覚えがあります。赤ちゃんの便秘には砂糖水・・というような近い感覚でオリゴ糖が便秘に効果的だという話もあります。

 

オリゴ糖は、自分の体内にあるビフィズス菌を活性化させてくれる働きがあるそうです。たとえばビフィズス菌の入っているヨーグルトを食べても腸に届くまでに胃酸や胆汁などで大半が死滅してしまうことがあります。また腸に住み着かずに出て行ってしまうことも多いそうです。色々な研究の結果によってわかったことだと思いますので赤ちゃんに限らず便秘のかたはオリゴ糖をとってみてはいかがでしょうか。

 

今では、天然のオリゴ糖であるラフィノースというビート(砂糖大根)から分離精製して得ることができる素材があるみたいです。ラフィノースはヒトの消化管内においてその大部分が消化酵素により分解されないで吸収されることなく大腸に到達するみたいです。それから腸内に棲んでいる善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌のえさになっていきます。結果として善玉菌が増えていきますので腸内が善玉菌優位の状態になり整腸作用が活発化しておなかの調子が快適になるそうです。

母親なら誰でもそうだとおもいますが、わが子の体調が一番気になりますよね。子供もある程度は、成長して大きくなると、体調不良を自分で訴えることができますが、言葉がしゃべれない赤ちゃんや幼児などは泣くしかできないと思います。体調が悪くて泣いているのか、眠くて泣いているのか、お腹がすいているのか、ただのぐずりなのかは経験を重ねていくことによってだんだんとわかるようになってきます。

 

しかし、新米ママにとっては判断が難しいときもあります。そういった場合もしばしばあるとおもいます。赤ちゃんにとってはうんちは健康のバロメーターだといえます。赤ちゃんのちょっとした変化にも気付いてあげられるように、様々なうんちについて知っておくとよいかもしれません。また隠れている病気などもわかるかもしれません。

 

赤ちゃんのうんちは、母乳を飲んでいるかミルクを飲んでいるかによって違いがあります。健康なウンチの色は、黄色、緑色、茶色などですっぱい臭いがします。母乳やミルクをのんでいる赤ちゃん期にはうんちに白いぶつぶつしたものが混じることがあります。しかし、これは脂肪やカルシウムが消化せずに出てきたもので特に問題はありません。問題となってしまう色は赤・白・黒色のうんちです。このような色のうんちが出たときには、病院へかかってみてもらったほうが良いと思います。

赤ちゃんは身体の不調を泣くことやぐずりなどでしか、訴えることはできません。おしっこの様子やうんちの様子は赤ちゃんの健康を知るためのバロメーターにもなります。お母さんは日々、赤ちゃんの様子を観察しながら少しでも様子がおかしいなと思ったら、お医者さんに相談してみるとよいでしょう。たとえば真っ赤な鮮血や大量の血が混じっている場合には消化管からの出血が疑われます。

 

細菌性腸炎の可能性があるため、早めに病院で診てもらったほうがよいでしょう。また、赤ちゃんに浣腸をしたときに赤いジャムのような塊が便と一緒に出たような場合には、腸重積が疑われる場合がありますので、嘔吐を繰り返すなど普段と違った様子をみせているのであればすぐにでも病院で診てもらった方がよいでしょう。白いうんちの場合は、先天性の病気や肝臓の異常、ロタウィルスによる急性胃腸炎などが疑われるため急いで病院へ行きましょう。

 

もしも、嘔吐を伴う場合や下痢がひどくなってくると、脱水症状を引き起こすことがあります。そのため、できるだけ早い段階での受診が必要となります。また、黒いうんちや赤黒いうんちにも要注意です。胃や十二指腸などの消化管の入口で出血が起こっている場合がありますのでこのような場合にも急いで受診する必要があります。赤ちゃんのうんちには様々とあります。普段のうんちと違ったり、赤ちゃんの様子がいつもと違うような場合にはうんちをしたオムツをもって小児科などを受診した方がよいでしょう。

2日とか3日くらい便がでないと便秘かな?と思う人もいますよね。また、1日でないだけでも便秘かも?と思うかたもいるかもしれません。便秘の度合いは感じる人によって違います。これは、赤ちゃんも同じことがいえます。排便のリズムや回数は赤ちゃん個人個人によっても違いますので、どのくらいでてないかで便秘と判断することはできないと思います。

 

そういえば、うちの息子も赤ちゃんのころは3日に一度くらいな感じでした。成長したいまでも毎日するわけではないです。重要なのは赤ちゃんが機嫌よく過ごしているかということのようです。お腹がすいてるわけでも眠いわけでもないのにグズグズしていたり、うんちの度に痛がってしまい泣いているような場合には便秘かもしれません。

 

病院へいったほうがよいのかなと思うお母さんもいると思いますが、その前にいつ頃からうんちが出ていないのか、赤ちゃんの様子はどのような感じなのかを確認しておいたほうがよいでしょう。それから病院で受診するようにすれば医師との意思疎通もスムーズに行くと思います。まずは、普段の赤ちゃんのうんちのリズムを知っておいてうんちの柔らかさなども知っておいたほうがよいでしょう。

赤ちゃんの便秘のサインはどのようなものかご存知ですか?赤ちゃんはまだまだきちんとしゃべることができませにょね。そのため言葉で不調を訴えることができません。赤ちゃんの様子から察してあげる必要があると思います。子育ての経験を重ねていけば自然とわかるようになります。そして、めったに便秘にならない赤ちゃんもいれば、慢性的に便秘の赤ちゃんもいます。

 

ママたちが判断しやすいように、赤ちゃんの便秘のサインはどのようなものがあるのかをいくつか例をあげてご紹介したいと思います。参考にしてもらえればと思います。赤ちゃんの便秘に気づいてあげることができなかった場合に初めのうちはなぜそんなに泣いたりぐずるのか分からないことがあります。ずっと抱っこしっぱなし、なんてこともあると思います。

 

赤ちゃんの便秘のサインは、授乳しても泣きやまなかったり、母乳やミルクの飲みが悪くなってしまったり、お腹が張り気味になったりします。うんちが硬くなってしまい排便をする際に痛みを伴う場合は、赤ちゃんは排便を我慢するようになってしまい便秘になってしまいます。そのため、うんちの度に泣いたり、普段は毎日出るのに3日出ないというように普段と違った様子の場合は、便秘が疑われてしまいます。

赤ちゃんの便秘の原因とはどのようなものがあるのでしょうか?赤ちゃんの便秘は、お子さんがいる方ならほとんどの方が経験したことがあると思います。便秘が理由となり小児科を受診する人も少なくはありません。赤ちゃんの便秘は赤ちゃんにとっても母親にとっても切実な問題だといえます。それでは、なぜ赤ちゃんは便秘になるのでしょうか?その原因について考えたいと思います。

 

赤ちゃんや子供は、大人に比べてみると身体がまだまだ未熟です。腸を含む臓器もかなり小さいため大人よりも便秘になりやすいということなのです。同じ月齢の赤ちゃんでも、母乳で育つ赤ちゃんのほうが便秘になりにくいとされています。母乳に含まれているビフィズス菌の効果から便が柔らかくなるためです。生後半年くらいまでの赤ちゃんの便秘の原因は主に、排便のリズムがつかめないためです。

 

私たちは便意をもよおしてトイレに行き、お腹に力を入れてから排便するという一連の動作を当たり前のようにこなしています。しかし、生まれて間もない赤ちゃんにはその一連の動作がうまくできません。そのために便秘になってしまうのです。離乳食が始まるころになればうまく排便できるようになってきます。しかし、この頃の赤ちゃんにも便秘は起こります。

 

離乳食の進め方によって、食べ物の硬さが原因となり便秘になることがあります。離乳食を進めていくうちに、便が出にくくなったりするなどの便秘の症状が出たら、離乳食の柔らかさを工夫してみるとよいかもしれません。また、子供の便秘の原因の一つに偏食があります。欧米化された食生活により野菜が不足の子供たちが増えてきていますので食物繊維が不足して便秘になっている子供も多いということなのです。

赤ちゃん・乳児のための便秘対策についてご紹介したいと思います。赤ちゃんや乳児にとって便秘はとてもに辛くて苦しいものだと思います。可愛いわが子が便秘で苦しんでいる姿を見るということは、母親にとってとても辛いことですよね。便秘が原因となり病院の診察を受ける人も多いようです。それだけ、便秘は赤ちゃんや乳児にとっては大変なことです。

 

赤ちゃんや乳児のための便秘対策をご紹介したいと思いますので、「うちの赤ちゃんは、もしかしたら便秘かも?」と思ったら、病院に行く前に試してみるとよいでしょう。赤ちゃんや乳児の便秘対策としては、お腹のマッサージや運動が効果的だといえます。お腹を「のの字」を書く要領で優しくなでてあげましょう。また、オムツ替えなどのついでに両足を持って交互に動かしてあげればお腹に力が入りますので排便しやすくなります。

 

また、母乳やミルクしか飲まない時期の赤ちゃんの便秘の原因として量が足りていないこともあります。母乳やミルクが足りていないと、水分不足になってしまいますので便を硬くしてしまいます。母乳の場合は、飲んでいる量を測りにくいのですが、母乳しか飲んでないのに便秘になったという場合には、白湯を足してみたり、医師や保健師などに相談をしてミルクを足すなどの対応をとってみると良いかもしれません。

赤ちゃんにたいして離乳食を食べさせ始まると成長段階に合わせながら食物の硬さや栄養を考えながら調理していくことになります。その時に特に注意しなければならないことは食物の硬さです。急に硬さを変えてしまうとそれが原因となって便秘になることがあります。もしも、離乳食が進んできたら便秘になってしまったという場合には、柔らかさを一段階戻してみるとよいでしょう。

 

栄養面でも食物繊維の多い食べ物を摂取したほうがよいです。しかし、食物繊維が多い食物は、飲み込みにくいことが多いためなるべく細かくしてみたり、柔らかくするような工夫をしてみましょう。また、その他の対策としては、寝ることが多い乳幼児期の赤ちゃんであっても、きちんとした生活リズムをつけることです。朝は決まった時間に起こしましょう。

 

そして、夜は決まった時間に寝るようにしましょう。おっぱいやミルク、離乳食も決まった時間に取ることによって体内リズムが整っていきますので次第に排便をしやすい状態にします。このように赤ちゃんや乳児の便秘について悩んでいるという方は、普段の生活習慣から気をつけるようにしたほうがよいでしょう。生活リズムを整えることは大人にも子供にも良いことです。

赤ちゃんの便秘で心配な症状とはどのようなものがあるのでしょうか?赤ちゃんの便秘で悩んでいる人は、どのような症状がでたら病院に行く必要があるのでしょうか。また、どのような症状なら心配ないのでしょうか。こういった判断に迷うことがあると思います。大人でもそうだと思いますが、赤ちゃんは排便のサイクルや量はそれぞれ異なります。

 

何日も出ないからと言ってそれが便秘だとは限りません。赤ちゃんの便秘で心配な症状をいくつか挙げますので、病院に行くのかどうかの判断に役立てもらえれば良いと思います。赤ちゃんの便秘の原因は、色々とありますが、2〜3日に1回でも赤ちゃんが機嫌よく過ごしていて、十分な量が出ている場合には便秘ではなくその子の排便のペースとなりますので心配はありません。

 

心配な症状とは、何日も出ない上に吐いてしまったり、大声で長時間泣き叫んでしまったり体重が増えない、そして一週間以上でない状態が何回も続いてしまう、肛門が切れてしまうなどです。このような症状がみられる場合には赤ちゃんは便秘であると考えられます。そのため、早めの対処が必要となります。原因によって対象方法が異なりますし、ほとんどの場合は自宅で対処することができますが、心配なのは便秘には何らかの病気が隠れているという場合です。

赤ちゃんが便秘になってしまい何日も便が出なかったり、そのうえ食べ物などを吐いてしまったり、大声で長いあいだ泣き叫んでしまったりする場合は心配ですよね。また体重が増えない場合や便が一週間以上でない状態が何回も続いてしまうような場合、肛門が切れてしまうような場合には病院に連れて行ってあげるとよいでしょう。

 

このような症状がみられる場合には、赤ちゃんは便秘だとおもわれます。早めに対応する必要があると思います。便秘は原因によって対象方法が異なります。そして、ほとんどの場合は自宅で対処することができます。心配なことは便秘に何らかの病気が隠れている場合なのです。病院で診てもらった方がいい場合は、機嫌が悪くて10〜15分おきに激しく泣いたりする。

 

そして嘔吐や浣腸すると血便がみられる場合や、1週間以上便秘が続いてしまいお腹が張っている場合、そして授乳に30分以上かかり体重が増えない場合などです。専門機関や医師の診断を受けたほうがいいでしょう。このような症状がみられる場合は、早急な改善や治療が必要となりますので母親の目から見て明らかに普段とは違うような場合やおかしいと判断したら専門医に診てもらうようにしましょう。

新生児期の便秘は病気のサインかもしれません。便秘は生後間もない赤ちゃんにも起こります。そして、ほとんどの場合は心配はいりませんが、稀に病気が隠れていることがあります。新生児期とは生後4週間までの赤ちゃんのことをさしています。大人と同じように、1日便が出ないからと言って便秘だとは限りません。

 

排便のサイクルは人によって違うので、便秘の基準は回数ではないからです。それでは、どのような場合が新生児の便秘と言えるのでしょうか?母乳を飲んでいる赤ちゃんは、粉ミルクのあかちゃんに比べてみると便秘になりにくいようです。実は母乳を飲むたびにうんちをする赤ちゃんも少なくありません。

 

母乳で育てている方は、1日のうんちの回数も多くて柔らかいことが多いです。成長するにしたがってうんちの回数は減ってきますので1日に1回になる子や、2日に1回になる子など個人差も出てきます。もしかして「便秘かも?」と思ったら、うんちをするサイクルとうんちの状態、赤ちゃんの様子を見るようにしたほうがよいえしょう。毎日きまって出なくても、1回の量も十分に出て、機嫌もいいようならそれは便秘ではありません。

赤ちゃんのうんちが3日以上でない場合や、かちかちのうんちをしたり、うんちがちょっとしか出ない場合、またうんちをしても赤ちゃんの機嫌が悪い、お腹が張ってるような場合には、新生児便秘の可能性があります。新生児便秘になったとしてもほとんどの場合は、心配はいらないものだといわれています。

 

しかし、ここで注意しなければならない点もあります。それは、新生児便秘が病気のために起こっている場合もあるからです。長期間に渡り新生児便秘が続くような場合は、医師に相談するようにしましょう。新生児便秘が原因の病気とは、ヒルシュスプルング病というものがあります。ヒルシュスプルング病とは、どういったものなのでしょうか。

 

ヒルシュスプルング病は、巨大結腸症という病気です。腸に神経細胞がなくて新生児便秘の他に腸閉塞なってしまい男の子に多くみられます。吐いたり、お腹が腫れたりすることもありますので、時には腸炎を引き起こしてしまい緊急を要することもあります。そのため、赤ちゃんの様子を注意深く見守る必要があります。

赤ちゃんの便秘で受診する際には、色々なことをチェックしておくとよいでしょう。赤ちゃんにとって便秘は辛いものだとおもいます。可愛いわが子が便秘で苦しんでいる姿を見るということは母親にとってもとても辛いことだと思います。特に生まれて間もない赤ちゃんが何日もうんちが出ていないと、気がかりだと思います。すぐに病院に行かなくては、と考える人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、赤ちゃんによってうんちが3日出なくても3日後にするっと大量に出ることもあります。赤ちゃんの機嫌が悪くなければ便秘ではないというように、便秘の基準は人によって異なります。赤ちゃんの便秘で受診する際には、チェックしておいたほうがよいことがあります。赤ちゃんの便秘で受診する前には、まず普段の便の様子を知っておく必要があると思います。

 

例えば毎日、便が出るのかどうか、何日ごとなのか、便の硬さや色を確認しておきましょう。医師には、まず普段の便の状態を聞かれると思います。すぐに答えられるようにしておいたほうがよいでしょう。そして、いつから出ていないのか、少しでも出ているような場合には、便の硬さや色がどうなのか、赤ちゃんの機嫌はどうなのか、その他の症状はどのようなものがあるかを説明できるようにしておいたほうがよいでしょう。

幼児期の便秘とは一体どのようなものなのでよすか?幼児期の便秘は、乳児期の便秘と同じように悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?幼児期は色々なことが原因となり便秘になる子供が少なくありません。幼児期の便秘とは一体どのようなことが原因で起こるのでしょうか?幼児期とは、1〜3歳までの子供をさしています。

 

この年齢の子供には様々な「初めて」のことが起こります。誰でも「初めて」のことや何かをする時や、環境の変化に緊張したりすると思います。それが結果として、便秘を引き起こしてしまうことがあります。幼児期になると、トイレトレーニングが始まります。1歳半で始める子や3歳になってから始める子など人によって開始する年齢は異なります。

 

トイレトレーニングは親にとっても子供にとってもかなりの負担です。親は、できるだけ早くオムツが取れることを望みますが、子供にとってはそうは簡単にはいきません。おしっこは割とスムーズにトイレでできるようになりますが、問題はうんちです。うんちがしたくなったら部屋の隅で力んでいたり、立ったままする子など多いと思います。

 

突然として便器にまたがってうんちをするということに慣れないですし、うまくお腹に力が入れられず、すっきりとしたうんちをすることができないことが多いと思います。無理に便器でうんちをさせゆと強要すると、したくない子供はうんちがしたくなっても我慢するようになってしまい便秘につながります。根気よくトイレトレーニングに付き合ってあげましょう。

小学生に多く見られる便秘の原因についてご紹介したいと思います。最近では、大人と同じように便秘で苦しむ子供が増えてきているようです。お子さんは毎日、便がきちんと出ていますか?「忙しくて子供がいつトイレに行っているかわからない」というお母さんもいると思います。「子供のうんちを気にしたことがない」というお母さんも多いのではないでしょうか?

 

子供が小さいうちは気にしていたうんちの回数も、ある程度大きくなったら本人任せになりがちだと思います。でも、ちょっと気にしてあげてください。お子さんは本当は便秘で悩んでいるかもしれません。小学生に多く見られる便秘の原因に、学校でうんちをするのが恥ずかしいという気持ちです。便意をもよおしてもできずに我慢しているうちに便秘になるということがあります。

 

後から入ってきた人に、臭いって思われたらどうしようと思ったり、長い時間入っていたらうんちだと気付かれるというように子供でなくてもそう思いますよね。また授業中に便意をもよおしても、なかなかトイレに行きたいと言い出せないものだと思います。その我慢が便秘につながってしまうのです。子供はそれらのことでも、はやしたてたり、からかったりすることがありますので学校でのうんちは出来るだけ避けたいものです。

 

特に入学したての頃は、何もかも初めてで慣れない環境では戸惑うことも多いと思います。環境の変化という大きな出来事が子供のストレスになりますので、便秘になってしまうこともあります。その他にも小学生の便秘に多く見られる原因に、食生活の乱れや生活習慣の乱れがあります。野菜不足や食物繊維の不足は慢性的な便秘の原因になってしまいますので、積極的に摂らせるようにしましょう。

子供の便秘の原因についてご紹介しまs。子供の便秘は、大人と同じようなことが原因となり起こることもあります。そして、その原因は人によって様々です。子供の便秘には、食生活が大きく関係しています。昔と違って肉類が中心となった食生活になっておりますので野菜の摂取不足が深刻化しています。野菜より肉類を好んで食物繊維の摂取が不足となり子供の便秘が起こってしまっているのです。

 

子供が便秘がちだと感じたらイモ類や大豆製品、キノコ類、海藻類などを積極的に摂らせるようにしましょう。また果糖には、便を軟らかくしてくれる作用がありますので、果物をおやつなどに与えるのもいいですね。そして水分不足も便秘の原因になってしまいますので、規則正しい食生活とこまめな水分補給に気を配ってあげるとよいでしょう。最近の子供は昔の子供と比べると外で遊ぶことが少なくなりましたよね。それは物騒な世の中になったため、心配で子供たちだけで外で遊ばせることができないこともその理由の一つなのですが、テレビゲームや携帯ゲーム機などが普及したこともの大きな原因です。

 

その他にもコミュニケーション能力の低下もありますよね。うまく他人と付き合えない子供は家にこもりがちになったり、友達関係をうまく築けないという子供たちが増えてきたのではないでしょうか?室内で過ごすことが多い子供の場合は運動不足になりやすいため、このことが原因となり便秘になってしまうこともあります。発に動くことによって腸の働きは良くなりますので外で元気に遊ぶように促してあげて便秘解消に努めましょう。また子供といえども大人と同じようにストレスがたまってしまいます。家庭環境内でのストレス、学校での友達関係のストレスなどもあります。子供の様子をよく把握してあげてくださいね。

子供の便秘には、生活習慣がかなり大きく関わってきます。これは生活習慣の乱れが便秘につながっているのです。子供だけではなくて大人にも言えることなのですが、規則正しい生活は健康の基本だといえます。早寝早起きをして、きちんと3食を摂っていればいろいろな病気を未然に防ぐことができます。最近の子供たちは、夜遅くまで起きていることが多いですよね。

 

夜更かしをすると当然ですが翌朝は寝坊します。登園や登校時間ぎりぎりまで寝ていたりすることも多いでしょう。その背景には、ゲームのしすぎであったり、学校や塾の課題が忙しく寝る暇がないというような様々な理由が考えられます。また父親の帰宅時間が遅くて父親を待っているため夜更かしや朝寝坊の原因になっているのかもしれません。

 

朝早く起きて、朝ごはんを食べて、余裕をもって学校などにいく準備すると自然に便意を感じて、排便できるものです。早起きをすれば体内のリズムが整いますので、自然な形で排便できるのです。便秘解消に一番効果的なものが、このような生活習慣の改善です。特に子供の場合は、親がきちんとみててあげないと夜更かし朝寝坊をしがちです。

子供の便秘にはストレスが関係しているそうなのですが、このことはご存知でしたか?「子供に便秘にストレスが原因なの?まさか!?」というようにおもう人も少なくないでしょう。しかし、子供も大人と同様に日常生活の中でストレスを感じることはたくさんあります。例えば、入園や入学による環境の変化などは子供たちにとって、大きなストレスになってしまうこともあるのです。

 

ここでは、子供の便秘とストレスの関係についてご紹介します。参考にしていただければ幸いです。もしも、お子さんに思い当たる節があった場合には改善の糸口になるかもしれません。子供の抱える最大のストレスは、環境の変化なのですが、保育園に入園したばかりの頃に極度の便秘になったことがあるお子さんもいます。

 

環境の変化によってストレスをかんじて慣れるまでは保育園のトイレでうんちが出来なくて便意を感じても我慢していたことが原因だたようです。あとは下に子供ができると、お母さんに甘えられないストレスから我慢することが増えてしまいこのようなストレスによって子供が便秘になることもあるようです。いずれの場合も環境の変化によるものなのですが、精神的にそして肉体的に疲労やストレスを感じると自律神経に悪影響を及ぼしてしまいますので腸の働きを低下させてしまい便秘を引き起こします。

トイレトレーニングをすることによって便秘になる子がいます。今まではオムツだったので好きな場所で好きな時にうんちをしていましたよね。しかし、突然としてトイレで座ってしないといけないとなればお腹にうまく力が入れられなくてず、うんちが出にくくなるため嫌がるという子が多いようです。

 

トイレトレーニングのときには、おしっこができてもなかなかうんちをトイレですることができないという子も多いようです。初めての子の場合だと、親にとっても初めての経験なので焦ってしまうこともあり、半ば強制的にトイレでさせようとしてしまう人もいるようです。そうすると子供はトイレに行くことさえ嫌がるようになることもあります。

 

失敗の不安も重なってしまい精神的にバランスを崩してしまうことさえあるのです。親にしてみれば、できるだけ早くオムツをとりたいとおもうのかもしれませんが、大人になってオムツをしている人はいませんね?子供はデリケートなものなので焦らず気長に子供に付き合ってあげるようにしましょう。

便秘が原因となり子供に起こる病気についてご紹介します。実は便秘のことをたかが便秘と思っていませんか?便秘が原因となり子供に起こる病気がありますので正しい知識を持って、子供の便秘に向き合いましょう。便秘になると、便が出ないだけでなくいろいろな症状が体に起きてしまいます。まず便が出ないことで、腹部の膨満感に見舞われてしまいます。

 

大人のかたでもお腹が張った状態が長く続いてしまうと苦しいものですよね。子供にとったら尚更そうです。腹部の膨満感とともに、ガスがお腹にたまってしまいますので、腸全体の機能を低下させてしまいます。その結果として食欲不振や吐き気、腹痛などを引き起こします。その他にも、便秘になると血液循環が悪くなってしまい肌トラブルや新陳代謝の低下につながります。

 

血液循環が悪くなると血液が汚れてしまい、筋力の疲労にもつながるなどいろいろな症状がでてきます。便秘による腸内環境の悪化は、もしかしたら重篤な病気に発展することがあります。大腸癌や直腸癌、肝臓病や腎臓病、腸閉塞や腸ねん転、腸管の癒着などを引き起こしてしまうのです。これらの秒意は子供には起こる可能性が極めて低いものも含まれています。

 

しかし、子供の頃から便秘を患うことによって大人になってから発症するケースもあるので、小さいうちから便秘を改善しておきたいものです。このような重い病気の他にも、肩こりや腰痛を起こしたり、頭痛やめまいを起こすことがあります。便秘は時には命を落とすことさえありますので、けっして軽視することができない症状です。

赤ちゃんの便秘とその症状についてご紹介します。赤ちゃんが便秘かな?ということはお母さんが判断することになりますが、それは簡単な事ではありません。生まれたばかりの赤ちゃんはよくうんちをします。うんちの色やその状態もその時々で違います。新米のお母さんにとっては赤ちゃんはとてもデリケートで壊れそうに見えてしまいます。そのため、ちょっとの違いにも神経質になりがちです。

 

ましてや、毎日、何回も出ていたうんちが一日に一度も出なかったとしたら、とても心配になってしまいます。便秘とは何日も排便がない、あるいは便の回数が減って固くなってしまい赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、食欲がなくなったりする状態のことをいいます。うんちが腸の中に詰まっていることで気持ちが悪くなったり、お腹が痛かったりするのです。毎日うんちが出ている赤ちゃんにとって1日でも苦しくなってしまうこともあります。

 

赤ちゃんによっては個人差もあり、3日くらい出てなくても平気な場合もあります。一概に日にちで計れるものではありません。赤ちゃんは自分の体の変調に対して正直なのでお腹が痛くなったり、気持ちが悪くなったりしたときには機嫌が悪くなるでしょう。うんちが出ていなくても、機嫌が良くてミルクをいっぱい飲んでいるときは、赤ちゃんは便秘ではありません。便秘になると赤ちゃんは苦しそうにいきんでいたり、いきみながら泣いたりします。出てくるうんちが固くなっていたら便秘を疑ってみましょう。