赤ちゃんが便秘になったら

赤ちゃんが便秘しているのってかわいそうですよね。赤ちゃんの便秘を対策するためにはどうしたらよいのでしょうか。まずはお腹を「の」の字にマッサージしてあげましょう。このときはあまり力を入れすぎないようにして、赤ちゃんのおへその周りを「の」の字にやさしくマッサージしてあげましょう。これは毎日のようにやってあげるとよいでしょう。赤ちゃんの便秘対策につながりますし、ママと赤ちゃんのスキンシップにもなりますよ。

 

つぎに「砂糖水」を飲ませてあげるのもためしてみましょう。砂糖水の作り方は湯冷ましに、少量の砂糖を溶かしてあげます。ママが舐めてみて「ほんのりと甘い」ぐらいでちょうどよいと思います。いきなり砂糖水をたくさん飲ませるのではなくて、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えていきます。離乳食がはじまっているお子さんなら、果汁でもいいと思います。

 

砂糖水にしても、果汁にしてもあまり与えすぎるのはよくありません。逆に下痢になってしまうこともありますので、少しだけ与えてあげたら「の」の字マッサージをしてあげて様子をみるようにしましょう。あとは「綿棒浣腸」をするといった方法もあります。綿棒浣腸のやり方は、綿棒をベビーオイルにひたしてあげて綿棒の先2センチぐらいが隠れるぐらいまでおしりの穴にゆっくりと入れてあげます。