赤ちゃん・乳児のための便秘対策について

赤ちゃん・乳児のための便秘対策についてご紹介したいと思います。赤ちゃんや乳児にとって便秘はとてもに辛くて苦しいものだと思います。可愛いわが子が便秘で苦しんでいる姿を見るということは、母親にとってとても辛いことですよね。便秘が原因となり病院の診察を受ける人も多いようです。それだけ、便秘は赤ちゃんや乳児にとっては大変なことです。

 

赤ちゃんや乳児のための便秘対策をご紹介したいと思いますので、「うちの赤ちゃんは、もしかしたら便秘かも?」と思ったら、病院に行く前に試してみるとよいでしょう。赤ちゃんや乳児の便秘対策としては、お腹のマッサージや運動が効果的だといえます。お腹を「のの字」を書く要領で優しくなでてあげましょう。また、オムツ替えなどのついでに両足を持って交互に動かしてあげればお腹に力が入りますので排便しやすくなります。

 

また、母乳やミルクしか飲まない時期の赤ちゃんの便秘の原因として量が足りていないこともあります。母乳やミルクが足りていないと、水分不足になってしまいますので便を硬くしてしまいます。母乳の場合は、飲んでいる量を測りにくいのですが、母乳しか飲んでないのに便秘になったという場合には、白湯を足してみたり、医師や保健師などに相談をしてミルクを足すなどの対応をとってみると良いかもしれません。