幼児期の便秘とは?

幼児期の便秘とは一体どのようなものなのでよすか?幼児期の便秘は、乳児期の便秘と同じように悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?幼児期は色々なことが原因となり便秘になる子供が少なくありません。幼児期の便秘とは一体どのようなことが原因で起こるのでしょうか?幼児期とは、1〜3歳までの子供をさしています。

 

この年齢の子供には様々な「初めて」のことが起こります。誰でも「初めて」のことや何かをする時や、環境の変化に緊張したりすると思います。それが結果として、便秘を引き起こしてしまうことがあります。幼児期になると、トイレトレーニングが始まります。1歳半で始める子や3歳になってから始める子など人によって開始する年齢は異なります。

 

トイレトレーニングは親にとっても子供にとってもかなりの負担です。親は、できるだけ早くオムツが取れることを望みますが、子供にとってはそうは簡単にはいきません。おしっこは割とスムーズにトイレでできるようになりますが、問題はうんちです。うんちがしたくなったら部屋の隅で力んでいたり、立ったままする子など多いと思います。

 

突然として便器にまたがってうんちをするということに慣れないですし、うまくお腹に力が入れられず、すっきりとしたうんちをすることができないことが多いと思います。無理に便器でうんちをさせゆと強要すると、したくない子供はうんちがしたくなっても我慢するようになってしまい便秘につながります。根気よくトイレトレーニングに付き合ってあげましょう。