小学生に多く見られる便秘の原因

小学生に多く見られる便秘の原因についてご紹介したいと思います。最近では、大人と同じように便秘で苦しむ子供が増えてきているようです。お子さんは毎日、便がきちんと出ていますか?「忙しくて子供がいつトイレに行っているかわからない」というお母さんもいると思います。「子供のうんちを気にしたことがない」というお母さんも多いのではないでしょうか?

 

子供が小さいうちは気にしていたうんちの回数も、ある程度大きくなったら本人任せになりがちだと思います。でも、ちょっと気にしてあげてください。お子さんは本当は便秘で悩んでいるかもしれません。小学生に多く見られる便秘の原因に、学校でうんちをするのが恥ずかしいという気持ちです。便意をもよおしてもできずに我慢しているうちに便秘になるということがあります。

 

後から入ってきた人に、臭いって思われたらどうしようと思ったり、長い時間入っていたらうんちだと気付かれるというように子供でなくてもそう思いますよね。また授業中に便意をもよおしても、なかなかトイレに行きたいと言い出せないものだと思います。その我慢が便秘につながってしまうのです。子供はそれらのことでも、はやしたてたり、からかったりすることがありますので学校でのうんちは出来るだけ避けたいものです。

 

特に入学したての頃は、何もかも初めてで慣れない環境では戸惑うことも多いと思います。環境の変化という大きな出来事が子供のストレスになりますので、便秘になってしまうこともあります。その他にも小学生の便秘に多く見られる原因に、食生活の乱れや生活習慣の乱れがあります。野菜不足や食物繊維の不足は慢性的な便秘の原因になってしまいますので、積極的に摂らせるようにしましょう。