赤ちゃんの便秘解消法ガイドについて

 大人とは違って赤ちゃんの便秘は「これが便秘だ」と一口に言えるものではなく、毎日出ていたうんちが一日でなくなっただけで、お母さんは心配になるかもしれません。赤ちゃんによって異なるので、うんちの回数では判断ができませんが、うんちが固くなってきたのであれば、便秘を疑った方が良いようです。ここでは、赤ちゃんの便秘に関して、離乳食前後の便秘の原因についてや、赤ちゃんの便秘の解消法について、たくさんの事例を紹介しています。

うちの赤ちゃんもこれで便秘がスッキリ解消しました!
生後5ヶ月になる息子が便秘がちで、水分補給したり、指や綿棒で刺激してみたりしましたが反応なし。友人に教えてもらった『カイテキオリゴ』を試してみたら、2、3日で自然に出るようになりました。
赤ちゃんの便秘解消法ガイド 新着情報

赤ちゃんの便秘とその症状についてご紹介します。赤ちゃんが便秘かな?ということはお母さんが判断することになりますが、それは簡単な事ではありません。生まれたばかりの赤ちゃんはよくうんちをします。うんちの色やその状態もその時々で違います。新米のお母さんにとっては赤ちゃんはとてもデリケートで壊れそうに見えてしまいます。そのため、ちょっとの違いにも神経質になりがちです。

ましてや、毎日、何回も出ていたうんちが一日に一度も出なかったとしたら、とても心配になってしまいます。便秘とは何日も排便がない、あるいは便の回数が減って固くなってしまい赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、食欲がなくなったりする状態のことをいいます。うんちが腸の中に詰まっていることで気持ちが悪くなったり、お腹が痛かったりするのです。毎日うんちが出ている赤ちゃんにとって1日でも苦しくなってしまうこともあります。

赤ちゃんによっては個人差もあり、3日くらい出てなくても平気な場合もあります。一概に日にちで計れるものではありません。赤ちゃんは自分の体の変調に対して正直なのでお腹が痛くなったり、気持ちが悪くなったりしたときには機嫌が悪くなるでしょう。うんちが出ていなくても、機嫌が良くてミルクをいっぱい飲んでいるときは、赤ちゃんは便秘ではありません。便秘になると赤ちゃんは苦しそうにいきんでいたり、いきみながら泣いたりします。出てくるうんちが固くなっていたら便秘を疑ってみましょう。

便秘が原因となり子供に起こる病気についてご紹介します。実は便秘のことをたかが便秘と思っていませんか?便秘が原因となり子供に起こる病気がありますので正しい知識を持って、子供の便秘に向き合いましょう。便秘になると、便が出ないだけでなくいろいろな症状が体に起きてしまいます。まず便が出ないことで、腹部の膨満感に見舞われてしまいます。

大人のかたでもお腹が張った状態が長く続いてしまうと苦しいものですよね。子供にとったら尚更そうです。腹部の膨満感とともに、ガスがお腹にたまってしまいますので、腸全体の機能を低下させてしまいます。その結果として食欲不振や吐き気、腹痛などを引き起こします。その他にも、便秘になると血液循環が悪くなってしまい肌トラブルや新陳代謝の低下につながります。

血液循環が悪くなると血液が汚れてしまい、筋力の疲労にもつながるなどいろいろな症状がでてきます。便秘による腸内環境の悪化は、もしかしたら重篤な病気に発展することがあります。大腸癌や直腸癌、肝臓病や腎臓病、腸閉塞や腸ねん転、腸管の癒着などを引き起こしてしまうのです。これらの秒意は子供には起こる可能性が極めて低いものも含まれています。

しかし、子供の頃から便秘を患うことによって大人になってから発症するケースもあるので、小さいうちから便秘を改善しておきたいものです。このような重い病気の他にも、肩こりや腰痛を起こしたり、頭痛やめまいを起こすことがあります。便秘は時には命を落とすことさえありますので、けっして軽視することができない症状です。

トイレトレーニングをすることによって便秘になる子がいます。今まではオムツだったので好きな場所で好きな時にうんちをしていましたよね。しかし、突然としてトイレで座ってしないといけないとなればお腹にうまく力が入れられなくてず、うんちが出にくくなるため嫌がるという子が多いようです。

トイレトレーニングのときには、おしっこができてもなかなかうんちをトイレですることができないという子も多いようです。初めての子の場合だと、親にとっても初めての経験なので焦ってしまうこともあり、半ば強制的にトイレでさせようとしてしまう人もいるようです。そうすると子供はトイレに行くことさえ嫌がるようになることもあります。

失敗の不安も重なってしまい精神的にバランスを崩してしまうことさえあるのです。親にしてみれば、できるだけ早くオムツをとりたいとおもうのかもしれませんが、大人になってオムツをしている人はいませんね?子供はデリケートなものなので焦らず気長に子供に付き合ってあげるようにしましょう。